IOTソリューション
スマートシティIoT
スマートシティのためにIoTゲートウェイに必要な機能
スマートシティは、ビッグデータ、AI、クラウドコンピューティング、モノのインターネットなどの新しいICTテクノロジーが開発されているときに避けられないトレンドです。
それらは、効果的に資源配分を改善し、資源利用効率を改善し、そして人々の生活の利便性を改善することができます。

スマートシティは、監視センター、IoTゲートウェイ、データ送信装置、フロントエンドセンサーとアクチュエーターで構成されています。

この記事では主に、ネットワークへのデバイスアクセス、エッジコンピューティング、信号送信、データ収集の機能を統合するR40BスマートシティIoTゲートウェイを紹介します。 その機能は主に次のとおりです。

1.組み込み設計を採用し、WAN通信、デュアル4Gカード冗長通信をサポートし、3つは自動的に相互に切り替えることができます。
2.ワイヤレスネットワークアクセス機能を提供して、スマートシティ機器にスマートシティプラットフォームへのワイヤレスアクセスを提供します。
3. IPSECとOPENVPNをサポートして、データの安全性と信頼性を確保します。
4.電気メーターやスマートメーターなどのRS485デバイスデータの収集をサポートし、それを自動的にMQTTプロトコルに変換し、Huawei Cloud、Alibaba Cloud、AWS Cloud、ThingsboardCloudなどのクラウドプラットフォームに接続します。;
5.論理計算機能をサポートし、事前設定された論理関係に従ってローカルで直接迅速な応答を行います。
6.さまざまなプリセット操作を自動的に実行できるタイマー機能をサポートします。
7.ネットワーク切断監視機能を提供します。ネットワークカメラまたは他のネットワーク機器に障害が発生した場合、すぐに再起動または報告できます。
8.無効なデータフィルタリング機能をサポートします。これにより、データ送信フローが大幅に削減され、サーバーの処理、ストレージの負荷、コストなどが削減されます。
9. Modbus TCPマスターステーション機能をサポートし、マルチIO制御、監視、および取得機能のためにイーサネット経由でイーサネットIOモジュールにすばやく接続できます。
10.周辺機器のスマートシティ監視センターへのWIFIアクセスを提供できるWIFI機能をサポートします。
スマートシティIoTゲートウェイの動作原理図は次のとおりです。